赤ちゃんの発育の差が出はじめるのは5ヶ月から

18.07.13 / 赤ちゃんの発育の指標 / Author:

生まれたばかりの赤ちゃんにも、大きい赤ちゃんがいればちょっと未熟児で生まれてくる赤ちゃんもいます。
でも、生まれたばかりの赤ちゃんは、大きいかそうでないかはそれほど重要ではありません。もちろん生命のの危険があるような未熟児は別ですよ。
生まれてきた赤ちゃんはいっぱい寝て、いっぱいミルクを飲んで、ぐんぐん大きくなってきます。

そして、発育のひとつの指標になるのが5ヶ月の赤ちゃん。
生まれたばかりの時は小さな赤ちゃんでも、元気に育っていれば5ヶ月になるとずいぶん大きくなります。
逆に、5ヶ月の時点でちょっと発育が遅いかも・・・という赤ちゃんは、あせる必要はありませんが、お医者さんに一度どうすればいいか聞いてみてもいいかもしれません。

5ヶ月になると赤ちゃんは寝返りをうち始めたり、離乳食を食べ始めたりします。
赤ちゃんの生活スタイルが大きく変わる時期です。
この時期をスムーズに乗り切って、しっかり大きく育てて行きたいですね!

Comments: 0

« | »